結婚式アルバムのスィーディー

sweedy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コラム( 4 )


2016年 06月 02日

ジューンブライド

季節の移り変わるのは早いもので、6月になりました。
6月といえば”ジューンブライド”。

元々はヨーロッパを起源としているようです。
3~5月は農業が一番忙しい時期で、それが過ぎた6月に結婚式が多く行われてきたとか、6月は天候が良いといった理由があるようですね。
この時期に結婚すると幸せになるといわれています。

日本では冬に比べると春の方が結婚式が多いですが、6月だからといって特別結婚式が多いということはありません。
元々日本にはジューンブライドという風習がありませんし、梅雨の時期にも当てはまるので、お日柄的に見てもこの時期に式を挙げる方はそう多くないようです。
日本で結婚式を挙げるのが多いのは、やっぱり秋です。
10~11月がピークといっていいでしょう。
昔からお米の収穫時期の後に結婚式を挙げる事が多かったから、日本のジューンブライドは11月なんでしょうかね?

結婚式を挙げたら、スィーディーのウェディングアルバムを作りましょう。
きっと一生の思い出として残るはずです。

結婚式アルバムのスィーディー



[PR]

by sweedy | 2016-06-02 10:54 | コラム
2016年 05月 25日

神社の結婚式

神社が好きでよく神社めぐりなんかをしたりするんですが、たまに見かけるのが結婚式。
お二人が式を挙げている姿を遠目に見ると、和の結婚式っていいものだなぁ~と思ってしまいます。

日本の神社というと千年、二千の歴史がある神社があったりしますが、神社での結婚式(神前式)の歴史というと実は最近のもので、明治時代に始まったそうです。
神前式が広まる前は、新郎宅で執り行われる人前式のようなものだったそうです。

神前式を最初に挙げたのは、今から116年前の明治33年(1900年)、明宮嘉仁親王(後の大正天皇)でした。
一般的に広まったのはその後で、大正天皇の挙式を元に現在のスタイルを広めたのが飯田橋にある東京大神宮です。
明治34年に大正天皇の挙式を元にした模擬挙式が執り行われました。
東京大神宮は伊勢神宮と同じ神様を祀る神社で、縁結びの神様として、また東京のお伊勢さんとして有名ですが、そんな歴史があったなんて驚きですね。

緑に囲まれた神社で凛とした空気の中、神様の前で結婚式を執り行うだなんて、素敵な事ですよね。
きっと、一生の思い出として残ることだと思います。

d0339700_12154391.jpg
結婚式で撮影した写真は、是非スィーディーのウェディングアルバムへ♪
挙式のみで作られる方もいらっしゃいます。

結婚式アルバムのスィーディー


にほんブログ村

[PR]

by sweedy | 2016-05-25 17:08 | コラム
2015年 12月 04日

12/5はアルバムの日

12/5は「アルバムの日」です。
歳の瀬に「い・つ・か」やろうと思っていた写真の整理をしようという日だそうです。
d0339700_13383177.jpg
結婚式の撮影してもらった写真も撮影のみ注文するとデータの入ったDVD-Rだけが届いて、それを一通り見たら終わりというのが多いと思います。
式場のウエディングアルバムの値段が高すぎて、あとで自分でフォトブックでも作ろうと思っていた方も、撮影された写真が沢山ありすぎて選びきれずに結局作らぬままの・・・というお話もよく聞きます。

そんな、時間に余裕がなくて自分で作れないとか、写真を選べないなどとお困りの方でも、スィーディーではお客様からお預かりした結婚式の写真を元にウエディングアルバムを製本いたしております。
デザイナーが画像をセレクトして、デザインレイアウトをします。
一度お客様へレイアウトの校正確認をしていただきますので、その際に変更したい写真がある場合はお申し出ください。
お客様は画像を送って注文したら、後はデザインが仕上がって来るのを待つだけです。
校了を頂いた後に製本作業に入ります。

スィーディなら、お客様の大切な時間を浪費せずに、簡単にウエディングアルバムが作れてしまいます!

結婚式アルバムのスィーディー



にほんブログ村
[PR]

by sweedy | 2015-12-04 11:53 | コラム
2015年 10月 27日

結婚式シーズン

d0339700_17593483.jpg
いよいよ結婚式シーズン到来ですね。
巷ではジュンブライドとか言われてますが、やはり日本では秋がダントツ結婚式は多いです。
ゼクシィのアンケート統計でも秋が人気ナンバーワンという結果です。
また最近の傾向ではなく、実は昔から人気だということです。
もともとは稲刈りが終わってみんなが出席しやすいという意味合いがあったようです。(そんな理由があったなんてびっくりですよね!)

さて、最近の秋ウェディング人気にはさまざまな理由がありますが、大きく分けて本人たちの準備のしやすさと、ゲストに来てもらいやすいという2つの側面があるようです。
準備の面でいうと、お互いの夏休みを使って進めやすく、年末の忙しくなる前に済ませられるというのが大きいと思います。一方、ゲストの立場からすると、暑過ぎず寒過ぎない良い気候なのでおしゃれして出掛けやすいですし、さらに連休も多いので出席しやすいはず。また、決算や異動時期といった仕事関係が忙しい時期ではないというのも大きいかもしれません。ちなみに最近では、自分たちの都合よりもゲストが出席しやすい面から、秋を選ぶ人が増えているようです。

秋ウエディングの傾向としては、比較的お天気が安定しているので、ガーデンパーティやお庭でのデザートビュッフェなどの演出が人気です。またイチョウ並木や紅葉でのロケーションフォトも多く行われています。さらに紅葉のイメージから和風の結婚式を希望する人も多いようです。

さまざまな好条件が重なる秋だからこそ、自分たちがやりたいことを自由にできるということなんですね。
ただ、秋ウエディングは人気なだけに、いい日どりは会場もあっというまに埋まってしまうもの!
秋ウエディングをしたいなら、とにかく早めに動くことを心掛けたいところですね。

結婚式アルバムのスィーディー


にほんブログ村


[PR]

by sweedy | 2015-10-27 18:02 | コラム